作業風景

2009年12月22日 (火)

こんな作業もやってます(手組ホイール)

冬の間はけっこう色々な改造をご依頼いただくもので♪

当店ではお客様のご要望に合わせて、手組でホイールも製作しております。

Pc190016

Pc190005

手組ホイールとは、画像のリム、ハブ、スポーク、ニップルという4点のパーツを自分好みに選び、手で組み立てるホイールです。

選ぶパーツ、組み立て方によって様々な乗り味にカスタムでき、比較的補修も簡単というのがメリットです。

最近は高性能完組ホイールが主流となり、組む機会が減ってきてはおりますが…

今回のように26インチMTBに700Cホイールを履かせたい方や、ツーリング系のお客様にご依頼を頂く事があります。

組み立て方によって耐久性や精度などに大きな違いが出ますので、ある意味自転車屋としてやりがいのある仕事かと(笑)

Pc190024

まず初めにホイールを仮組みします。

スポークの長さを計算して選び、用途によってスポークの組み方を変えたりもします。

今回はディスクブレーキを搭載するため、SHIMANO推奨のディスク対応の組み方です。

もちろん、スポーク、ニップルには、適したケミカルを塗布して入念に仮組みしております。

Pc190028

次に振れ取台という工具に仮組みしたホイールをセットし、スポークのテンション(張り具合)を調整しながら縦、横の振れ(変形)をとっていきます。

パーツに負担がかからないよう徐々に徐々に…焦ってはいけない根気のいる作業です。

Pc190041

スポークの調整にはニップル回しという工具を使用します。

スポーク根元のニップルを回して縦、横の振れをとっていくのですが、ここが自転車屋として腕の見せ所!

経験と勘を働かせて出来るだけ真円に近づくよう、また、頑丈なホイールになるよう調整していきます。

ただ組むだけでしたら簡単なのですが、けっこう難しいんですよ(笑)

Pc190049

この段階である程度真っすぐなホイールとなっているのですが、ホイールがフレームの中心にきていないと大変です!

センターゲージという工具を使用し、リムがハブの中心にきているか確認します。

Pc190050

最後にスポークテンションの測定、バラつきを修正します。

ある程度でしたらスポークテンションで乗り味を調整できますので、お客様のご希望に合わせたホイールに仕上げていきます。

手で触っただけでは完璧と思われたホイールでも、スポークテンションを測ってみると…

やはり工具は正直です(笑)

このスポークテンションの均一化によって、後々変形しにくい頑丈なホイールが出来るのです!

Pc210058

その後ホイールに縦、横方向から力を加え、ホイールを馴染ませる作業を数回行います。

これらの微調整を経て、ようやくホイールが完成です!

ここまでで4時間ほどかかりましたが、きっと良いホイールが出来上がった事でしょう!

26インチMTBに700Cリムを装着したことで、700×28Cという細いタイヤを装着できるようになりました。

普通の26インチホイールのタイヤを細くすると、どうしても外周が小さくなり、ギアが不足したり、スピードの伸びがちょっと…という事になりがちです。

そんな悩みもこれで解決ですね!

ディスク搭載車なら、ホイールを入れ替えるだけで通勤用、山遊び用と、1台で出来ちゃいます。

なんともおいしい改造♪

【今回のホイール参考価格】

リム→ALEXRIM TD17 3.675円税込×2本

Fハブ→SHIMANO HB-M665(SLXグレード) 2.991円税込

Rハブ→SHIMANO FH-M665(SLXグレード) 4.429円税込

スポーク→ステンレススポーク(ブラック)14番 4.200円税込

作業工賃→ 5.250円税込×2本分

合計29.470円税込

※画像のタイヤ、チューブ、リムテープ、スプロケット、ディスクローターは、価格に含まれておりません。

|

2009年12月16日 (水)

こんな作業もやってます(ディスク台座フェイシング)

またまたマニアックな作業ですが、当店ではこんな作業もやっております。

使用する工具はこちら↓

Pc160061

【パークツール DT-1】

何に使うかといいますと、この部分を削る工具です。

Pc160030

MTBのディスクブレーキを取り付けるフレームやフロントフォークの台座です。

画像の商品はほとんど問題ないくらいきれいに処理され、精度が出ているのですが…

中にはたっぷり塗装がのっていたり、精度がかなり悪い商品も存在します。

実際に作業してみますと↓

Pc160042

こんな感じの削りカスが(汗)

実は、ただやみくもに削っているのではなく、2ヶ所ある台座のズレを修正しながら削っていきます。

こうしてブレーキ本体が、ディスクローターに真っすぐ当たるようになるわけです。

Pc160047

画像では違いが解りにくいですが、しっかりと精度が出た状態になっております。

高い精度が必要とされるディスクブレーキですからやっておいて間違いない作業ですね!

効果としては、ブレーキタッチの向上、パッドとディスクローターの接触を軽減するなどが期待できます。

ただ… 

残念な事に、いくらきれいに修正してもブレーキ、ディスクローター、ホイール(ハブ)などの精度次第では完全に問題が解消するとは限りません。

※最近では手頃な価格帯のディスク搭載車が増えており、価格なりの精度です。

あくまでディスクブレーキが抱える問題の一つを解消する為の作業とご理解頂ければと思っております。

当店ではディスクブレーキ搭載車で、著しく精度が低いフレームにのみこの作業をおこなっております。

それ以外の場合はオプション(有料)にて作業を行っております。

こだわり派の方、ディスクブレーキの問題でお悩みのお客様は、お気軽にお申し付け下さい。

【ディスク台座フェイシング工賃】

・3.500円税込(当店販売の自転車)

・4.200円税込(当店以外でご購入の自転車)

※前または後ろの工賃となりますので、前後の場合は2回分の工賃が必要です。

※フロントがポストマウントタイプの台座を採用している場合、この作業は出来ません。

|

2009年12月 7日 (月)

こんな作業もやってます!(BBタップ、フェイスカット)

本日スパイクタイヤ入れ替えのついでに、こんな作業のご依頼を頂きました!

その作業とは、BB(ボトムブラケット)のタップ&フェイスカット!

Pc070057

新車の状態だとこんな風になっております。

一見問題なさそうなのですが、塗料がのっていたりで完璧な精度が出ているとは言えません…

そこで今回の作業!

Pc070070

まず初めに、左右のネジ山をきれいに整えます。

今回はあまり出てきませんでしたが、フレームによってはかなり削れることも…

Pc070085

次にBBフェイスを削り平面を出します!

塗料がたっぷりのっていた部分だけに…かなりの削りカスが…

シェル幅に注意しながら慎重に!毎回けっこう緊張します(笑)

Pc070116

こうしてきれいなBBが完成!

BBパーツを取り付けても、明らかにスムーズ!抵抗が違います!!!

そして、塗料がたっぷりのっていたBBフェイスも、きれいに整いました!

作業中も、場所によって削れる量が違います。

つまり、いかに平面が出ていなかったか…(汗)

通常使用では問題ない事も多いのですが、BBがしっかりと中心に密着することで、異音が解消したり、パーツの寿命を長持ちさせます!

回転も、さらにスムーズ♪

当店では下記の場合にこの作業を標準で行っております。(必要な場合のみ)

・30万円以上の完成車

・フレームからの組み立て

・カンパニョーロのコンポに交換(フルセット)

・SHIMANO ULTEGRA以上のコンポに交換(フルセット)

上記以外の場合にはオプション料金 6.300円税込にて作業しておりますので、お気軽にご相談下さい!

|

その他のカテゴリー

2009完成車入荷情報(MTB) | 2009完成車入荷情報(クロスバイク) | 2009完成車入荷情報(ロードバイク) | 2009完成車入荷情報(子供車) | 2009完成車入荷情報(小径車) | 2009年試乗車情報 | 2010完成車入荷情報(MTB) | 2010完成車入荷情報(クロスバイク) | 2010完成車入荷情報(シクロクロス) | 2010完成車入荷情報(ロードバイク) | 2010完成車入荷情報(小径車) | 2010年モデル展示会 | 2010年試乗車情報 | 2011モデルのご案内 | 2011完成車入荷情報(MTB) | 2011完成車入荷情報(クロスバイク) | 2011完成車入荷情報(シクロクロス) | 2011完成車入荷情報(ロードバイク) | 2011完成車入荷情報(小径車) | 2011年モデル展示会 | 2011年試乗車情報 | 2012モデルのご案内 | 2012完成車入荷情報(MTB) | 2012完成車入荷情報(クロスバイク) | 2012完成車入荷情報(シクロクロス) | 2012完成車入荷情報(ロードバイク) | 2012完成車入荷情報(子供車) | 2012完成車入荷情報(小径車) | 2012年モデル展示会 | 2012年試乗車情報 | 2013年モデル完成車入荷情報(MTB) | 2013年モデル完成車入荷情報(クロスバイク) | 2013年モデル完成車入荷情報(シクロクロス) | 2013年モデル完成車入荷情報(ロードバイク) | 2013年モデル展示会 | 2013年試乗車情報 | 2014モデルのご案内 | 2014年モデル完成車入荷情報(MTB) | 2014年モデル完成車入荷情報(クロスバイク) | 2014年モデル完成車入荷情報(シクロクロス) | 2014年モデル完成車入荷情報(ロードバイク) | 2014年モデル展示会 | 2014年試乗車情報 | 2015完成車入荷情報(クロスバイク) | 2015年モデルのご案内 | 2015年モデル完成車入荷情報(MTB) | 2015年モデル完成車入荷情報(ロードバイク) | 2015年モデル完成車入荷情報(小径車) | 2015年モデル展示会 | 2015年試乗車情報 | 2016年モデルのご案内 | 2016年モデル完成車入荷情報(MTB) | 2016年モデル完成車入荷情報(クロスバイク) | 2016年モデル完成車入荷情報(シクロクロス・グラベル) | 2016年モデル完成車入荷情報(ロードバイク) | 2016年モデル展示会 | 2016年試乗車情報 | おすすめ商品(アクセサリー) | おすすめ商品(その他) | おすすめ商品(グリップ、バーエンド) | おすすめ商品(コンポーネント) | おすすめ商品(サイクルコンピューター) | おすすめ商品(サイクルロック) | おすすめ商品(サスペンション、フロントフォーク) | おすすめ商品(サドル) | おすすめ商品(サプリメント) | おすすめ商品(タイヤ) | おすすめ商品(トレーニング) | おすすめ商品(ハンドル、ステム、シートピラー) | おすすめ商品(バッグ類) | おすすめ商品(バーテープ) | おすすめ商品(パーツその他) | おすすめ商品(ペダル) | おすすめ商品(ホイール) | おすすめ商品(ボトル、ボトルケージ) | おすすめ商品(ポンプ) | おすすめ商品(ライト) | おすすめ商品(修理道具) | おすすめ商品(完成車 MTB) | おすすめ商品(完成車 クロスバイク) | おすすめ商品(完成車 ツーリング車、ランドナー) | おすすめ商品(完成車 ロードバイク) | おすすめ商品(完成車 電動アシスト自転車) | お勧めサイクリングコース | お買い得情報(MTB) | お買い得情報(その他) | お買い得情報(アイウェア) | お買い得情報(ウェア関係) | お買い得情報(クロスバイク) | お買い得情報(シクロクロス) | お買い得情報(ツーリング車) | お買い得情報(パーツ) | お買い得情報(フレームセット) | お買い得情報(ヘルメット) | お買い得情報(ホイール・タイヤ) | お買い得情報(ロードバイク) | お買い得情報(小径車、折りたたみ自転車) | その他の情報 | イベント情報 | ウェア関係(その他) | ウェア関係(アイウェア) | ウェア関係(グローブ) | ウェア関係(シューズ) | ウェア関係(ジャージ、パンツ) | ウェア関係(ソックス) | ウェア関係(ヘルメット) | カスタマイズ | ケミカル | スタッフたけだの愛用品 | セール情報 | フレームセット | ホームページ更新情報 | メンテナンス関連 | 作業風景 | 営業日時変更のお知らせ | 店長武田の独り言 | 採用情報 | 日々のサイクリングネタ | 試乗ホイール