« cannondale(キャノンデール)サイクルジャージのご紹介です! | トップページ | 【重要】営業時間変更のご案内(5月28日) »

2016年5月26日 (木)

太めのタイヤを履かせてみた、2016 JAMIS(ジェイミス) VENTURA RACE(ヴェンチュラ レース)のご紹介!

JAMISの営業さんが、700×32cを履いた自転車で現れました。

クロスバイクでもシクロクロスでもグラベルロードでもなく……

P1070265

なんとロードバイクです!

P1070269

標準では700×25cのロードバイクとしては一般的なタイヤを装備しているこのモデル。

営業さんが実験的に、太いタイヤがとこまで入るかという面白い試みをしてたのでご紹介します。

P1070268

シクロクロスで通勤やツーリングされる需要の高まりやグラベルロードの登場など、ドロップハンドルでも太いタイヤを履かせるライドスタイルがトレンドになってきています。

それでも、ロードバイクならではのジオメトリ+32cタイヤというのが、一味違う選択肢だと思います。

P1070267

こちらのフレーム、JAMIS VENTURA RACEは、アルミのハイエンドモデルとして評価の高いICONの弟分的なモデルにあたります。

アルミフレームとしてはセカンドグレードのVENTURA RACEも、サイズによってパイプの形を変え剛性を最適化するSSTやダブルバテットチューブの採用など、実直な物づくりに対する思想が繁栄されています!

P1070272

また、湾曲したチェーンステーや、独特のフロントフォークエンドなど、快適性を重視しながら、反応性の高さと安定感のバランスを考えた設計になっています。

P1070273

そのままのタイヤでロードバイクとして楽しめるのは勿論、通勤メインの方は太めのタイヤにしたり、キャリアをつけてツーリング仕様にしたりするのもいいかもしれません。

P1070271

JAMISはクロモリやMTBに強いイメージがあるかもしれませんが、ロードバイクも作り手が「乗りたくなる自転車」をコンセプトにこだわって作っている歴史あるアメリカンブランドです。

VENTURA RACEのカラーは、オレンジが差し色に入ったAno Galaxy Gray。

(カタログ写真はこちら↓)

16_venturarace981x586

アルミフレームにカーボンフォーク&カーボンシートポストを採用、メインコンポはシマノ ティアグラ仕様となっています。

初めてのロードバイクにもおすすめです!

2016 JAMIS VENTURA RACE →139,000円+税

※今回ご紹介した写真は標準仕様と異なります。

 

※5月28日(土曜日)は午後1時半からの営業になります。

スタッフたけだ

|

« cannondale(キャノンデール)サイクルジャージのご紹介です! | トップページ | 【重要】営業時間変更のご案内(5月28日) »

完成車 ロードバイク」カテゴリの記事