« SOYO(ソーヨー) ラテックスチューブのご紹介です! | トップページ | 美ら島オキナワCentury Run 2015に参加しました! »

2015年1月29日 (木)

SOYO(ソーヨー) チューブラータイヤ、Upstream(アップストリーム)のご紹介です!

クリンチャータイヤのご紹介ばかりしていましたが、チューブラータイヤも各種ご用意しております!

というわけで、本日は前回に続きSOYOより、アップストリームのご紹介!

P1050600_800x600

こちらのタイヤの最大の特長は、シームレス(=縫い目が無い)であること!

下の写真は、一般的なチューブラータイヤの断面です。

ケーシングが折り返してあり縫い目もあるので真円ではありません。

P1040854_800x601

対してこちら、SOYOのシームレスタイヤは縫い目がなく、タイヤ断面が真円に!

真円になることで、リムへの装着性が上がり、グリップ力の向上、振動を分散吸収するなど、転がりの軽さや非常になめらかな乗り心地になります。

P1040855_800x601

そして、つなぎ目がないので、その分だけ軽量になります。

P1050598_800x600

世界で唯一、こだわりのシームレスタイヤは、日本の工場で生産されています。

機械と、職人の根気強い手作業で仕上げられるこだわりのハンドメイドタイヤです。

P1050601_800x599

リンク先はPDFファイルになりますが、こちらのページで作業の様子が紹介されています。

機械でチューブにケーシングを巻きつけた後、重なり部分や糸目のムラを修正したり、トレッドを貼ったりバルブを取り付けたりという繊細な工程は人の手によって作業されています。

職人、手仕事、工場などのキーワードが大好きな私にはとても興味深かったですeye

P1050610_800x600

サイズは従来の22Cと、グリップ力や乗り心地の良さなどを重視した24Cがあります。

上の写真は、店長のホイールに装着した様子です(22C)。

P1040857_800x600

アップストリームはブチルチューブを使ったミドルグレードですが、使用している店長によるとブチルチューブとは思えない非常にしなやかな走り心地だったそうです。

詳しい使用感は店長まで。

よろしくお願い致します!

SOYO(ソーヨー) アップストリーム→(1本)12,000円+税

 

スタッフたけだ

|

« SOYO(ソーヨー) ラテックスチューブのご紹介です! | トップページ | 美ら島オキナワCentury Run 2015に参加しました! »

パーツ」カテゴリの記事