« 2007年10月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月 2日 (金)

スタッフ武田サイクリング日記(山道三昧)


P5020189_2 

P5020192

2008年5月2日、自転車に乗りたい気持ちを抑えきれず、春の野幌森林公園に出かけてきました!
いつものように大沢口駐車場に車を停め出発です。
今回のマシーンは JAMIS DRAGON PRO!
クロモリフレームのしなやかな乗り心地が魅力の、素敵な1台です!

道幅の広いエゾユズリハコース→志分別線を、朝の陽ざしを浴びながらスタートです。

野幌森林公園のコース案内→http://www.kaitaku.or.jp/nfpvc/map.htm

P5020194

P5020195

途中モミジコースとの分岐点を通過し、カラマツコースへと向かいました。
目印はたくさんのベンチたち!
入口を見落としやすいので要注意です!

カラマツコースは比較的穏やかなシングルトラックが続きます!

P5020198

P5020200

P5020201

カラマツコースを少し走ると赤い橋があります。
そこには小さな沼があり、その付近では多くの野鳥に出会える素敵な場所です!

その先のシングルトラックを抜けると、一気に道幅が広くなります。
そこを左折しひたすら前進!

P50202031

P5020209

P5020206

道幅が広くなった後、少し走ると画像のような分岐点にさしかかります。
ここからがいよいよ本格シングルトラックポイント!
自転車1台分の細い道を、全速力で駆け抜けます!!!

もちろん画像のような檄坂も、全速力で突っ込みます!!

そして…あえなく撃沈…

転んでも楽しい…山遊びには不思議とそんな魅力があります!

P5020211

P5020215

P5020217_3   

カラマツ林を通過すると、森林の家に到着です!
ここからは私のお気に入りスポット、エゾマツコースへ進みます。
入口が分かりにくいので、道案内標識をしっかり確認して進んで下さい。

エゾマツコースも素敵なシングルトラックが続きます!

P5020221_2 

突然ですが問題です!


皆さんだったら、こんな木の根っこだらけの道をどうやって進みますか???

1、気合いを入れて真っ向勝負!正面からウォリャーーーー!!!と真っ直ぐ進む。
2、あまりの恐怖に動けなくなり助けを待つ。
3、出来るだけ段差の少ない場所を選び、無難に切り抜ける。


正解は、もちろん3番です(笑)
1番の真っ向勝負は、段差に弾き飛ばされてあえなく落車する可能性が高いリスキーな選択です。
2番の助けを待つは、ほとんど人は通らないのでおすすめ致しません。
素直に自転車から降りて、押して進んでください。

オフロードを走るには、出来るだけリスクの少ない走りを心がけて下さい。
怪我をしてしまっては、せっかくの山遊びも台無しになってしまいますので!

P5020222

P5020226_2 

エゾマツコースを抜けると、案内板のある休憩スポットがあります。
ここで一休み。

いよいよ本日の山場、モミジコースです!
シングルトラックの下りを、思う存分楽しみました!!!

当然楽しすぎて写真を撮る暇なんてありません!

みなさんもぜひチャレンジして、ご自分の目で確認してみて下さい!

ただ…丸太の橋には要注意です!

P5020232

P5020234

モミジコースを抜けると、志分別線を引き返します。
途中ある長ーい上りにくじけそうになるも、なんとか大沢口駐車場までたどり着くことができました。
ほどよい疲労感の中、開店に間に合うように全速力で帰宅です!

野幌森林公園には、ご紹介した以外にも様々なコースがあります。
マウンテンバイクを買ったけど、オフロードは走ったことがないという方はぜひ一度足を運んでみて下さい!
きっと、山遊びの虜になって帰ってくるはずです!!!

安全のため、ヘルメットとグローブの装着はお忘れなく!!!

それにしても…今年フルモデルチェンジしたSHIMANO DEORE XTの変速性能は素晴らしい!!!
過酷な場面でも終始安定した変速を約束してくれる頼もしいコンポーネントでした!


サイクリング日記TOPへ


|

« 2007年10月 | トップページ | 2008年6月 »